ちょっと気になる話題

2013年11月28日木曜日

11月も終わりに近づき、あっという間に1年が過ぎようとしています。
この時期は、年末年始が近づくということもあり、様々なイベントが多く、楽しい季節になってきました。(寒いのは辛いかな~(-.-))ハートフル神田でも楽しい季節を味わって頂こうと、各フロアーでクリスマスの飾りを作成していますので、その一部を紹介したいと思います。





1階(さくら)ユニットです。
雪だるまを作っています。1階玄関に飾っていますので、是非、見に来てください。





同じく1階ユニットです。入居者の方々もクリスマスの飾りつけに参加されています。みなさん真剣な表情で頑張って下さっています。ちなみにピースサインをしているのは、今年入職した長谷川くんです。(真剣な入居者に比べると少し浮いていますが(-.-) 明るいほうがいいので◎)



続いて、3階ユニット(こすもす)です。 玄関先には大きなツリーが出迎えてくれます。


玄関を入ると、かわいらしいサンタやぬいぐるみが出迎えてくれますが、このユニットはこれだけではないんです。更に凄いサンタが出迎えてくれます。(なんだろ~(ー_ー)!!)





ムムム????サンタ?? トナカイでは??しかし、大きなクマのトナカイです。(*^。^*)




続いて4階ユニット(さざんか)です。
玄関先にはかわいらしいサンタが、のれんと共に飾りつけされています。


中に入ると、本格的にクリスマスツリーが飾られており、本当にいい雰囲気が出ています。(^_-)





このように、現在はまだ飾りつけが途中で完成していませんが、少しずつ各ユニットで冬の季節らしい雰囲気がだせるように頑張っています。是非、みなさん一度、覗いてみてください。隠れたサンタもいるかもしれません。???

2013年11月20日水曜日

本日2回目の更新です。スイマセン

今回は職員の研修会についてのご紹介と、その様子について写真で紹介させていただきます。
研修会は施設内で随時行っています。その理由として、職員の自己啓発及び施設の意識改革等を目標に開催しています。今回は、8月に行われた身体拘束に関する勉強会の様子を紹介させて頂きます。
身体拘束といえば、大まかに言えば「行動を抑制しない」ことになりますが、介護施設や病院、在宅で生活されている高齢者に対して、特別な事情がない限り拘束することを禁止するというものです。もちろんこのようなことが許されてはいけません!!しかし、行動制限とは単に身体を抑制するような身体的な要因だけではなく、心理的・社会的な要素も含まれます。例えば、言葉の暴力・無視をする・外部との通信を途絶える・表情で威嚇する等、直接的ではないが、利用者の方に対して自己決定を抑制することは全てにおいて許されるわけではないという事です。私がいつも思っていることは、「自分が相手の立場ならどう感じるのか」ということです。仕方のない抑制もあると思いますが、できるだけ利用者の方に抑制しない方法を見出し、自己決定ができる環境づくりに努めていくことが我々に求められていることではないかと思います。(長々とスイマセン
このような考えを職員全体として意識づけをして行くために、勉強会を行いましたので、職員の真剣な様子をご覧ください。
*身体拘束をされている利用者について、拘束をしない為にはどのような方法があるかをテーマに、事例検討を行っている様子です。(皆さん真面目に考えています。!(^^)!)
*事例検討を行った後に、グループで話し合い結果、皆さんの前で発表しています。
(一人ひとりの意見をそのままにしておくのではなく、みんなで共有し合うことも重要です!!)
*身体拘束委員会の曽根副主任と水口リーダーで事例発表の総評を行っています。
(グループで発表した意見は、どこのグループも良い意見だったと思います。)



◎その後、他のグループにも発表及び総評を加えて、勉強会は終了しました。
このような勉強会は、身体拘束だけに限らず、サービスの質を高め、利用者の方々の一人ひとりの生活を尊重するために随時行っています。勉強会で感じたこと新たな課題などが見つけられたと思います。この意識を継続できるように今後も職員全員でガンバっていきたいと思います。(^_^;)
 
久しぶりのブログ更新です。

9月から11月にかけて様々なイベントが多く、特に11月10日に開催された伏尾荘秋まつりにも神田の利用者の方々や職員も一緒になって楽しませて頂きました。(*秋まつりの様子については、伏尾荘のブログで確認していただけたらと思います。)
更新も久しぶりなので、沢山のイベントの様子を写真でドンドン紹介させて頂きます。!!!

10月13日(日曜日)神田地区運動会に見学!!
この日は天気も良く参加されている地域の方の一所懸命競技に参加している姿を見て、利用者の方々も楽しまれていました。


 
 
*地域の方々の頑張っている姿を、眺めているところです。自分のことのように応援されている方もおられました。
 
 
*「皆さん頑張っていますね。」と利用者に声を掛ける新人職員の鈴木くん。
 
 
*みなさん真剣に見学されていますね(^'^)
 
その後、少し風が強くなり最後まで見学できませんでしたが、地域の方々との交流は、施設もしくは利用者の方々にとって大切なつながりの場でもあります。今後も何かイベントがあれば参加させて頂きたいと思います。